ブログトップ

別冊FLYERS-web オススメ絵本

flyersehon.exblog.jp

ねこのかぞえうた

b0189371_12292294.jpg

『ねこのかぞえうた』 せなけいこ すずき出版
 
1歳を目前にした頃から、急激に絵本への興味を増した息子。
実は、あげてもあげても欲しがるご飯の代わりに
絵本を出してみたのがきっかけだった。
ごちそうさまになると泣き出す彼を椅子からさっと降ろし、
絵本を読み始めるとにっこり(よしよし)。
 
b0189371_1225415.jpg

『くだもの』(平山和子、福音館書店)では、
馴染みのあるみかんの所で手を伸ばしてきた。
「さぁどうぞ」という言葉に嬉しそう。
 
b0189371_12252589.jpg

文は2文節くらいのものを喜ぶので、
絵には反応するけど文の長い『ふきまんぶく』(田島征三、偕成社)などは、はしょって読んだりしている。
力強いタッチが好きみたい。
 
なんでもびりびりに破ったり、なめてべちょべちょにする時期は、
ボール紙でできた絵本
(『ごぶごぶごぼごぼ』をはじめとする福音館の012シリーズ、ブルーナやこぐまちゃんの赤ちゃん絵本など)をもてあそんでいたが、避難していたふつうの絵本たちがやっとカムバック。
 
 
中でもお気に入りは、4ヶ月頃にもじっと耳を傾けていた『ねこのかぞえうた』。
せなけいこさんのちぎり絵は、温か味がありながら、長い間により洗練され、シンプルな安定感がある。
 
1匹ずつ増えてゆくねこの、それぞれのキャラクターを味わいながら、節回しをつけて韻を踏んだうたを歌う。
最後に10匹がそろって夕日の中を駆けてゆくシルエットは心地よい余韻を残す。
  
が、終わるとすぐに表紙へとひっくり返し、「ん!(もう一度!)」と差し出す息子。
エンドレスの要求を半分断りながら1日10回ずつ(私、夫)は読んでいる毎日。
とっくに見なくても歌えるようになってしまった。
 
残念ながら絶版の状態だが、テンポと全体のバランスがとても良い一冊で
表紙の配色がとくにすてき。
すずき出版は、他にも気取らない、日常に溶け込む絵本をたくさん出しており、
図書館勤務時代おはなし会の強い味方だった。
 
 
さて、3年にわたって紹介させていただいたオススメ絵本の連載は、
これにて最終回となります。
6月から北海道・大沼へ移り住むことになり、世界一小さな絵本屋「ねこひ」も
しばらくお休みです。(「三月の羊」は焼き菓子の通販を続けます)
 
これまで読んでくださったみなさまと、
執筆に声をかけてくださったyukiさんに、心から感謝を申し上げます。
 
またどこかで、お会いしましょう。
みなさま良い春を!
 
[PR]
# by flyers-ehon | 2010-03-20 12:27 | オススメ絵本

2010年 

b0189371_1024610.jpg

2010年もよろしくお願い致します。
  
 
「子どもがつくる旬の料理」 坂本 広子 (著)  クレヨンハウス
オススメ絵本記事
[PR]
# by flyers-ehon | 2010-01-06 10:26 | オススメ絵本

クリスマスのオススメ絵本

b0189371_1439286.jpg

今までにご紹介したクリスマスの絵本たち。
どれも美しい作品で贈り物にオススメです★★
 
b0189371_14414083.jpg

→『クリスマスまであと九日』
 
b0189371_1443743.jpg

『クリスマスソングブックⅠ・Ⅱ』『クリスマスのうたの絵本』
 
b0189371_1444415.jpg

『おもいでのクリスマスツリー』『バーバ・ヤガー』
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
三月の羊の中の世界一小さな絵本屋 ねこひ
お店のご案内はコチラ
[PR]
# by flyers-ehon | 2009-12-17 14:45 | オススメ絵本

んぐまーま

b0189371_12341848.jpg


『んぐまーま』
大竹伸朗/絵、谷川俊太郎/文、クレヨンハウス

これまで、おしゃれな赤ちゃん絵本として贈り物に使ってきたこの本を、息子のファーストブックに選んだのは、ごく自然な流れだった。
教育とかじゃなくて、TVのない我が家ではお楽しみのメディアとして、絵本を重宝している。

2ヶ月になった頃だったろうか。あやしついでに絵本を見せたら、
思いのほか興味津々。
早速読んでみると、じっと画面を見て静かに聞いていた。

初めは舌をかみそうだった谷川さんの言葉も、10回を越えると
なめらかに転がるようになってくる。
そうして何度も絵本を開くうちに、さらにこの本をすごいと思った。
子どもと一緒に読むと、なじみの本でも改めて気づくことが多い。

たとえば絵。
画面の美しさに気を取られ、つながりをよく見ていなかったが、
わりとわかりやすいストーリーがある。
男の子の一日。お母さんのいるおうちに帰るまで。

たとえば文。
谷川さんが人の話す言葉の入口に立ってこの文を考えたのだろうということ。
息子を観察していると、「んぐ」は「話したさ」が生まれてから
語ろうとする初期の言葉だとわかる。もどかしい「んぐ」。
もう少し経つと、「まーま」が出てくるのかな。

主人公のぴんく君が遊ぶ過程では、
バラエティに富んだ言葉の遊具が用意されていて、とても楽しい。
谷川さんはこれまでにも赤ちゃん絵本を出されているが(『もこもこもこ』)、んぐまーまは更に新しい。大竹さんの絵とともに前衛的でありながら、詩情もあり、さっぱりした明るさが気持ちいい。
世界に類を見ない一冊かも。

赤ちゃんはもちろん、自分で読めるようになったらこれまた面白いのでは。
「ごりんぐん ぼみんずん どぎんむん みみてか」
小学1年生くらいの男の子がおどけて笑っている姿が目に浮かぶ。

今は腕の中におさまるこの柔らかくて小さい赤ちゃんも、
そんな風に周りの笑いを誘うようになるのかしら。
そして更にいつか、おじいちゃんになっても
もぐもぐしながらこの絵本を孫に読んでやるなんて場面が、あったりして?
母の妄想は果てしなく続く。

セットでオススメ
『ごぶごぶ ごぼごぼ』駒形克巳/作、福音館書店
[PR]
# by flyers-ehon | 2009-09-19 12:36 | オススメ絵本

かばくん

b0189371_1015327.jpg

『かばくん』
岸田衿子作、中谷千代子絵、福音館書店
 
「202号室にあさがきた おはようまるちゃん」
「飲むなら飲むと言ってくれ(おっぱい)」

『かばくん』のパロディから、私の息子への語りかけは始まった。
本を開く余裕すらない、おっぱいおむつと格闘の日々に。
心をきゅっと掴まれるような愛情深い言葉が、
この絵本にはさりげなく、過不足なく並んでいる。

かばの親子を訪ねる少年と亀の子。
動物園での一日がのびやかに描かれた絵本だ。
登場人(かば?)物の距離感が程よく、風通しの良いのも
『かばくん』の魅力のひとつ。

かばくんが中心軸ではあるものの、出てくるみんなが
独立して、それぞれの足で立っている感じがする。
それらをゆるく束ねているのが、
優しいのに存在感と心地良さのある中谷さんの絵と、
卓越した岸田さんの言葉のセンスだ。

友人が子どもの頃、あまりにこの本が好きで、
そっくり写し取ったという気持ち、わかる気がするなぁ。
刊行から40年経った今も鮮やかで、しかも
他の絵本を押すことなく飄々と輝き続けている。

産後しばらくはこのコーナーを休もうかと思っていたのに、
5月の風の中自転車をこいでいたら、おっぱいのように
言葉たちがあふれてきた。
こぼれ出るものを、少し、整える。
おっぱいも、言葉みたいにコントロールできたらいいのに。

セットでオススメ『かばくんのふね』同作者、福音館書店
 
 
*新米母のため息とともに、また絵本を紹介してゆきます。
 更新は少しペースダウンして3で割れる月…3、6、9、12月です。
 どうぞお楽しみに。
[PR]
# by flyers-ehon | 2009-06-19 10:10 | オススメ絵本

vol.11『それゆけ、フェルディナント号』

b0189371_16324392.jpg

『それゆけ、フェルディナント号』
ヤーノシュ作、つつみなみこ訳、徳間書店
 
もし、手元に2冊だけ絵本を残して全部処分、
と言われたら、ひとつはヤノーシュの
『パナマってすてきだな』を選びます。
 
あかね書房から1979年に刊行された矢川澄子さんの訳で、
子どもの頃から大好きだった絵本です。
残念ながら、こちらは絶版になってしまったのですが
(形を変えて、きんのくわがた社より『夢みるパナマ』として出ています)、
ポーランド生まれのヤノーシュさんは、数々のすてきな絵本を出しています。
日本では『おばけりんご』(福音館書店)が有名かな。
どれものほほんととぼけた絵柄がすてきで、
ちょっとナンセンスな雰囲気が独特の世界を作っています。
 
 
お腹の子が要求しているのか、最近乗り物の本がより
身近に感じられるようになりました。
そこで改めて、フェルディナント号の魅力再発見。
これまで絵のすばらしさばかりに気をとられていたのですが、
単純なストーリーながら、坂を登るのに苦戦しているフェルディナント号を
助ける車がひとつずつ増えてゆく楽しさが、
じわじわとこみ上げてきたのです。
わぁまた車が増えた!しかも働く車ばっかり!
これって男の子が大喜びするわけだわ。
 
フェルディナント号にたくさんの車が連なっている絵や、
最後にスコーンと落ちがあるところ、
さっぱりした雰囲気がすばらしい。
2つゆかいなお話が楽しめます。
臨月を目前にし、赤ん坊に乗っ取られつつある私にとって
今一押しの絵本です。
 
小さい人がやってきたら、
これまでとは違った視点で絵本を、世界を、見られるように
なるのかなぁと思うと、これからとても楽しみ。
オススメ絵本のコーナーはしばらくお休みさせていただきますが、
また新しい発見をみなさんにお届けできる日まで、
どうぞお元気で!
 
 
セットでおすすめ。
同作者
『ぼくはおおきなくまなんだ』楠田枝里子訳、文化出版局
『おばけりんご』矢川澄子訳、福音館書店
[PR]
# by flyers-ehon | 2009-05-29 16:33

vol.10『おもいでのクリスマスツリー』『バーバ・ヤガー』

b0189371_16305011.jpg

『おもいでのクリスマスツリー』
グロリア・ヒューストン文 バーバラ・クーニー絵
吉田新一訳
 
いいお話が苦手だった。
ので、この絵本の美しさを正面から讃えられずにいたのです。
ところが、妊娠したためか、とがった20代を終えたためか、
気がつくと、難なくこの絵本すてきなのよ!と言えるように
なっていました。
 
時は第一次世界大戦末期。アパラチア山脈の奥にある小さな村で
語り継がれてきたお話です。
村の教会に立てるクリスマスツリーを、
今年はルーシーの家が選ぶことになりました。
ツリーを用意した家の子は、クリスマス劇の天使の役を
もらうことができるという特別な年ですが、
お父さんが戦争に連れてゆかれ、ツリーや天使の衣装を
用意することが難しくなってしまいます。
さて、お母さんとルーシーはどのようにピンチを乗り越えたでしょうか。。。


 
エピソードの美しさだけでなく、実際に当時の暮らしを取材して
描いたというバーバラ・クーニーの絵がまたすばらしい。
当時の人々の息づかいや暮らしの様子が、ありありと伝わってきます。
のどかな風景の中に溶け込んだ木のおうちはモスグリーンに塗られ、
デッキにお父さんとルーシーの椅子が置いてあったり、
家の中にお父さんとお母さんの結婚式の写真が飾ってあったり、
さりげない部分にクーニーの生活に対する価値観を感じます。

さっぱりした語り口と画面でありながら、
家族の絆の強さと温かさをしみじみと味わうことのできる一冊です。

*  * * *  * * *  * * *  * 

b0189371_16312215.jpg

『バーバ・ヤガー』
アーネスト・スモール文 ブレア・レント絵
こだまともこ訳

クリスマスものではありませんが、冬にぴったりのお話をもうひとつ。
こちらはいい子じゃない子のお話。
いい子じゃない子、けっこう好きです。
断然魅力的。

カブを探して森を歩いていたマルーシャは、
森の魔女バーバ・ヤガーにつかまってしまいました。
バーバ・ヤガーは、おいしい「わるい子」のにおいを嗅ぎ付けて
やってきたのですが、マルーシャは自分がいい子だと
主張して、なんとかシチューの具になることを免れます。


 
お手伝いをしながら過ごすバーバ・ヤガーの家には暖炉があり、
薬の材料にする薬草棚があり、コーヒーをわかすサモワールがあり、
小さいながらとても楽しそう。
しかも、木で出来たおうちには鳥の足がついていて、
移動することもできるんです!
ほれぼれするようなおうちを、ブレア・レントのセンス溢れる
版画で楽しめます。

どちらも少し文章量が多いのですが、
寒い冬、寝る前のお楽しみとして、
お子さんに少しずつ読んであげるのにぴったりです。
また、絵が美しいので大人へ贈り物にもどうぞ。
[PR]
# by flyers-ehon | 2009-05-29 16:31 | オススメ絵本

vol.9『まおちゃんのうまれたひ』『赤ちゃんのはなし』

b0189371_16283526.jpg

『まおちゃんのうまれたひ』 
のら書店、2003年刊  神沢利子さく、加藤チャコえ

人が生きてるだけですごいんだってことを、
日々のざわざわですぐに忘れそうになりませんか。

私のおなかには今赤ちゃんがいて、それからというもの、
幸せであると同時に、はらはらしながら命を守る身として、
しみじみ命というものを想うようになりました。
 
そこらの悪ガキを見ても、よく無事に生まれてきたなぁ…
感じの悪いおじさんがいても、何十年も生きてきたんだなぁと
拍手したい気持ちになります。
 
おなかの子がちゃんと育っているかな、大丈夫かなと
不安の方が大きかった初期に、この絵本を見てやすらかな
気持ちになりました。
 


「まおちゃんうまれておめでとう」という神沢さんのストレートで
飾り気のない言葉は、本質をついたすばらしい響きを持っています。
空には虹がうかび、春の新しい風が吹いて、木々や海、
動物たち、みんなが祝福してくれる誕生の瞬間。

そうだそうだ、世界はこんなにもやわらかい。
生まれるってこんなにもおめでたいことだったんだ!と改めて
思える輝きに満ちた絵本です。
加藤さんのみずみずしい絵が光にあふれています。
 
 
さて、赤ちゃんに関するおすすめ絵本をもう一冊。
b0189371_1629266.jpg

エッツの『赤ちゃんのはなし』福音館書店
こちらは観念ではなく、リアルに赤ちゃんの様子を知らせてくれます。
 
受精してから赤ちゃんがこの世に出てくるまでの子宮の中の様子を、
エッツの優しいタッチで描きます。
8週だと中はこんな感じ、15週だとこんな風。
科学的な言葉を添えて、お母さんのおなかの中で何が起こっているのか
わかりやすく見せてくれるので、
お父さんになる人や上の子たちへの説明にも役立つことでしょう。
私の夫も、まだ外からの変化がわかりにくかった初期の頃、
この絵本を何度も開いて、イメージを共有してくれました。
 
どちらも、妊婦さんだけでなく、子どもたちと生まれてきたときのことを
話すのにぴったりな絵本です。あなたが生まれてきたときも
こんな風だったよ、と一緒に読んでみてはいかがでしょう。
全ての人へ、みんな、生まれておめでとう!
[PR]
# by flyers-ehon | 2009-05-29 16:29 | オススメ絵本

vol.8『バスにのって』 

b0189371_16263525.jpg

『バスにのって』 荒井良二
 
トントンパットン トンパットン
ラジオから流れてくる音楽にのせて、
物語は展開してゆきます。
 
サンサンと照りつける太陽、
何もない砂漠。
「ぼく」はバスを待っているところです。
遠くへ行くために。
どのくらい待つのかわからない、
いい加減なバス停で。
 
夏休みの入り口は、まさにこんな風だなぁ
と思います。
広々と時間が続いていて、予定もあやふやで、
なんかちょっとドキドキして、
でもたいしたことが起こるわけでもなくて。
 

いろんな人が通り過ぎるのをぼんやり眺めながら、
だるい暑さの中でバスを待つ。
シンプルなお話ながら、荒井良二さんの絵本には、
いつも哲学が入っているのを感じます。
いろんな人をゆるやかに受け入れて、
朝が来ることや夜が来ることを味わっていることが
伝わってくるのです。
そして、とても音楽的。
(ご自身よくギター弾き語りをされてます)
 
トントンパットンの繰り返しが心地よい
ピースフルなこの本は、寝る前にお子さんと読むのにも
ぴったりです。
みなさんのすてきな夏のお供にどうぞ。
 
 
セットでおすすめは
『アフリカの音』沢田としき、講談社
[PR]
# by flyers-ehon | 2009-05-29 16:27 | オススメ絵本

vol.7『かさぶたくん』

b0189371_16241087.jpg

『かさぶたくん』
やぎゅうげんいちろう・作、福音館書店
 
大人になって、かさぶたができることはさすがに少なくなったけれど、
今でも最後まで待てずにぺりっとはがして血を出してしまいます。
 
柳生弦一郎さんが描いたからだの絵本シリーズは、
おっぱいや、はなの穴や、おねしょ、子どもたちが興味を
そそられるものばかり。
「かさぶた」も、子どもの必須アイテムですよね。
 
すごく身近なのに、じゃあ何なの?って聞かれると
困ってしまうかさぶた。
子どもの質問にわかりやすく図入りの説明で
答えてくれるだけでなく、かさぶたの不思議さや、
とった時見えた皮膚の下の怖さや、
ついとってしまいたくなるはがゆさ、みんなの気持ちを
取り入れながら進んでゆくので、本を開いた誰もが、
自分のことのように感じながら読んでゆけるようになっています。
 
表紙をめくると、手書きの文字で
「とりたいなぁ とりたいなぁ かさぶたとりたなぁ」。
「かさぶたくん」というタイトルといい、子ども心を掴むのが
とっても上手な柳生さん。きっとご本人も、好奇心いっぱいの、
きらきらした大人なのでしょうね。
 

読んであげるなら 4歳から
自分で読むなら 小学校低学年向き
 
セットでおすすめ
『はなの穴のはなし』『おっぱいのひみつ』『おねしょの名人』『おへそのひみつ』
(全て福音館書店、かかがくのとも傑作集)
[PR]
# by flyers-ehon | 2009-05-29 16:24 | オススメ絵本