ブログトップ

別冊FLYERS-web オススメ絵本

flyersehon.exblog.jp

vol.7『かさぶたくん』

b0189371_16241087.jpg

『かさぶたくん』
やぎゅうげんいちろう・作、福音館書店
 
大人になって、かさぶたができることはさすがに少なくなったけれど、
今でも最後まで待てずにぺりっとはがして血を出してしまいます。
 
柳生弦一郎さんが描いたからだの絵本シリーズは、
おっぱいや、はなの穴や、おねしょ、子どもたちが興味を
そそられるものばかり。
「かさぶた」も、子どもの必須アイテムですよね。
 
すごく身近なのに、じゃあ何なの?って聞かれると
困ってしまうかさぶた。
子どもの質問にわかりやすく図入りの説明で
答えてくれるだけでなく、かさぶたの不思議さや、
とった時見えた皮膚の下の怖さや、
ついとってしまいたくなるはがゆさ、みんなの気持ちを
取り入れながら進んでゆくので、本を開いた誰もが、
自分のことのように感じながら読んでゆけるようになっています。
 
表紙をめくると、手書きの文字で
「とりたいなぁ とりたいなぁ かさぶたとりたなぁ」。
「かさぶたくん」というタイトルといい、子ども心を掴むのが
とっても上手な柳生さん。きっとご本人も、好奇心いっぱいの、
きらきらした大人なのでしょうね。
 

読んであげるなら 4歳から
自分で読むなら 小学校低学年向き
 
セットでおすすめ
『はなの穴のはなし』『おっぱいのひみつ』『おねしょの名人』『おへそのひみつ』
(全て福音館書店、かかがくのとも傑作集)
[PR]
by flyers-ehon | 2009-05-29 16:24 | オススメ絵本
<< vol.8『バスにのって』  vol.6『子どもがつくる旬の... >>