ブログトップ

別冊FLYERS-web オススメ絵本

flyersehon.exblog.jp

vol.11『それゆけ、フェルディナント号』

b0189371_16324392.jpg

『それゆけ、フェルディナント号』
ヤーノシュ作、つつみなみこ訳、徳間書店
 
もし、手元に2冊だけ絵本を残して全部処分、
と言われたら、ひとつはヤノーシュの
『パナマってすてきだな』を選びます。
 
あかね書房から1979年に刊行された矢川澄子さんの訳で、
子どもの頃から大好きだった絵本です。
残念ながら、こちらは絶版になってしまったのですが
(形を変えて、きんのくわがた社より『夢みるパナマ』として出ています)、
ポーランド生まれのヤノーシュさんは、数々のすてきな絵本を出しています。
日本では『おばけりんご』(福音館書店)が有名かな。
どれものほほんととぼけた絵柄がすてきで、
ちょっとナンセンスな雰囲気が独特の世界を作っています。
 
 
お腹の子が要求しているのか、最近乗り物の本がより
身近に感じられるようになりました。
そこで改めて、フェルディナント号の魅力再発見。
これまで絵のすばらしさばかりに気をとられていたのですが、
単純なストーリーながら、坂を登るのに苦戦しているフェルディナント号を
助ける車がひとつずつ増えてゆく楽しさが、
じわじわとこみ上げてきたのです。
わぁまた車が増えた!しかも働く車ばっかり!
これって男の子が大喜びするわけだわ。
 
フェルディナント号にたくさんの車が連なっている絵や、
最後にスコーンと落ちがあるところ、
さっぱりした雰囲気がすばらしい。
2つゆかいなお話が楽しめます。
臨月を目前にし、赤ん坊に乗っ取られつつある私にとって
今一押しの絵本です。
 
小さい人がやってきたら、
これまでとは違った視点で絵本を、世界を、見られるように
なるのかなぁと思うと、これからとても楽しみ。
オススメ絵本のコーナーはしばらくお休みさせていただきますが、
また新しい発見をみなさんにお届けできる日まで、
どうぞお元気で!
 
 
セットでおすすめ。
同作者
『ぼくはおおきなくまなんだ』楠田枝里子訳、文化出版局
『おばけりんご』矢川澄子訳、福音館書店
[PR]
by flyers-ehon | 2009-05-29 16:33
<< かばくん vol.10『おもいでのクリス... >>